西宮まで200キロを走破したい〜レース編

2017年1月からランニングを始めたオヤジのブログ。まずはフルマラソンなどのレースに参戦していきたいと思います。

予想通りの腸頸靱帯炎

本日は名古屋ウィメンズ、シティマラソンの開催日でしたね。全国のランナーさん、ようこそ、名古屋へ。如何でしたか、名古屋は?

f:id:tekukun:20180311212858j:image

ナナちゃんも皆さんをお出迎えしていましたね。

 

私はエントリーしていませんでしたが、テレビで観戦していました。恥ずかしい話、ランナー歴1年の私は、ウィメンズマラソンを観戦するのは今回が初めて。

良いですね!身近な場所を走るのは、他の大会では感じることが出来ない、気持ち良さがあるように思います。女性だけ、羨ましいです。

来年はハーフですが、シティマラソンに参加してみたいと思います。

 

さて、2月17日に左膝を痛めて以来、3週間が経ちました。その間、まともに走ることが出来ず、無駄に時間が過ぎたような気がしています。

今後、私がランニングを続けていくならば、自分の身体のことや故障のことについても、少しは勉強しておかなければ。そして、予防の仕方や故障した時の対処法なども故障した時だからこそ、真剣に考えるべきだと思うようになり、この1週間は特にネットであれやこれやと調べていました。また、膝や太腿の熱がある箇所をアイシングしたり、ストレッチしたり、湿布をしたりとこれはということを試してみたりしていました。

そして、遅ればせながら、整形外科に行ってきました。予想通り、左脚は腸頸靱帯炎でした。多分、そうだろうなあと思いましたが、今後のことを考えたら、ちゃんと診断してもらった方がいいかなと思ったのと、別の所が痛んでいないかも心配だったので、行ってきました。

問診していただいたり、エコーで診ていただいたりした上で、腸頸靱帯炎は現時点では比較的軽度であるとの診断でした。既に3週間を経過しているため、徐々に治癒してきたのか、それとも、元々そんなに酷くなかったのかは分かりませんが、何せ、今は然程、酷くないとの診断に、ホッとしました。また、膝周りで他に悪い所がないかと質問したところ、特にないとの診断に、これまたホッとしました。

先生もランニングをしていらっしゃるとのことをお聞きしたとたん、不思議と親近感が湧きました。今、走れない現状がすごいストレスなんです。と人生相談みたいに言ったところ、この程度なら痛みと相談しながら徐々に走っても良いとのこと!先生も痛みと相談しながら、走っているらしい。

一方で、月間の走行距離の話題になったときには、疲労骨折に注意するようにアドバイスを受けました。先生から頂いた、ランナー向けのパンフレットを家に帰ってから、読んでいたところ、モリコロパークフルマラソン前の練習時に自覚していた痛みと一緒。左脚の甲に痛みあり。同じく左脚のスネにも痛みあり。

f:id:tekukun:20180311215616j:image

危なかった。腸頸靱帯炎をきっかけに休足していなかったら、疲労骨折の可能性もあった。先生曰く、疲労骨折なら、2〜3ヶ月は走れなくなるとのこと。

運が良かったと前向きに考えよう。うん。そうしよう。

ということで、本日はリハビリジョグ。走れる喜びを感じながら。12キロをこれでもかという程のんびりと。

f:id:tekukun:20180311220409j:image

あと、1ヶ月程で掛川フルマラソンがあります。目標とか、いろいろと考えていましたが、まずは故障を治してスタートラインに立てることを最優先したい。今は、そのように思います。