西宮まで200キロを走破したい〜レース編

2017年1月からランニングを始めたオヤジのブログ。まずはフルマラソンなどのレースに参戦していきたいと思います。

犬山ハーフマラソンレポ2

tekuです。前回の続きです。

 

自宅から最寄り駅までアップジョグを行い、足に痛みがあったため、今日のレースは無理をしないと決めました。犬山駅で会社の同僚や友人と合流し、会場に到着。会場の雰囲気にのまれてテンションが上がったままスタート地点に立った私は、何となく「いつもみたいに走れるのではないか。」と錯覚していました。

いよいよ、スタートです。周りのペースに合わせて走り出します。

 

 走りだして間も無く・・・終わりました。

左膝が悲鳴を上げました。
痛い!

一気にスピードを落とします。

キロ6分台でも痛い!
はじめの5㎞くらいまではDNFのことばかり考えてました。
止めるのも勇気!本当にその通りです。でも、私には止める勇気がありませんでした。
素晴らしい大会。風もなく、絶好の天気。こんな大会で走ることが出来る幸せ。これも経験か。なんて思いながら、走り続けます。

f:id:tekukun:20180226205011j:image

 

何とか完走はしたいと思いながらも、ペースは6分台。どんどん抜かれます。Bブロックのスタートだったので、私より遅い人はいませんでした。情け無い気持ちにもなりましたが、そんなことより、痛みを堪えて前に進むことに必死でした。


5キロ過ぎから左膝の痛みが和らいできました。多分、感覚が麻痺してきたのだと思います。痛みが和らいできたおかげで自然にペースが上がります。キロ5分台に上がりましたが、痛みは強くなりませんでした。

 

 

f:id:tekukun:20180226210534j:image

7㎞辺りからは何と4分台のペースまで上がりました。まだ、痛みは強く感じません。

前方を走るお兄さんが程良いペースだったので、ついていくことにしました。ガーミンで確認すると4分30秒台でした。まさか、今日、こんなに速いペースで走れるとは思っていなかったので、この時点でかなり満足でしたが、折角なのでいけるところまで行こうと思いました。

 

 

12㎞以降は犬山市街を離れて木曽川沿いを走ります。

f:id:tekukun:20180226212315j:image

相変わらず、風もなく、コンディションは良好。2つ目の折り返しをクリアした先頭の方の集団とすれ違います。暫くして、会社の同僚とすれ違いました。彼は次のレースでサブ3を目指しています。私のテンションがまた上がりました。前を走るお兄さんを抜き、ペースを上げました。14㎞目のラップは4分6秒。私のテンションが上がったことを物語っています。

しかし、さすがに速すぎました。程なく4分20秒台にペースが落ちました。

本当は、今日の大会で足の状態が良ければ目標にしていたペースが4分20秒台前半でした。

よし、このペースで最後まで行こう!と決めました。しかし、このペースを維持出来たのは、結果、2㎞程でした。その後は次第にペースダウンしていきました。疲労もありましたが、それよりも、周囲のランナーさんを抜くのに苦労をしました。

レース後半のコースとなる木曽川沿いの道は市街地の道に比べると道幅は狭いと思います。加えて、折り返したランナーさんとすれ違うコースなので、道の片側しか走れません。かなりの密度の中でスピードを上げ下げしたり、道を左右に移動しながら他のランナーさんを抜き続けていたため、余分な体力を消費するだけでなく、集中力も切れていきました。

16㎞地点、2つ目の折り返しを通過しました。ひたすら他のランナーさんを抜いていましたが、抜いても抜いても密度は高いままです。

徐々にランナーさんを抜くことが煩わしくなってきました。

既にペースは4分30秒から40秒くらいまで落ちています。余分な力が抜けてリラックスして走るようになりました。

すると、背後で、「あっ、犬山城が見えた!」と女性の声が。「あと3㎞。ガンバレ!」と男性が応えます。

前方左側、木曽川の向こうに犬山城が見えました!素晴らしい景色の中で走ることが出来て、最高の気分でした。

スタートした頃は完走は無理かなと思っていましたが、ゴールまで残り3㎞のところまできました。最早、ペースを上げることは出来せんが、今のペースを維持してゴールを目指します。

19㎞付近で左折するといよいよ犬山城が間近に迫ります。写真を撮れずに残念でしたが、この辺りから見た犬山城が一番素敵でした。

犬山城を抜けて、ゴールの内田防災公園へ。

何とか無事に完走しました。

左膝は感覚が麻痺しているのでしょう。少し痛む程度でした。酷使して申し訳無かった。

しばらくは、無理しませんので、許して下さい。

                                                       終わりです。