西宮まで200キロを走破したい〜レース編

2017年1月からランニングを始めたオヤジのブログ。まずはフルマラソンなどのレースに参戦していきたいと思います。

犬山ハーフマラソンレポ1

tekuです。

ランニングするようになってから、本格的な故障は今回が初めてです。2週間前の2月11日にフルマラソンに出場し、その後、17日の土曜日に30キロ弱を走りました。調子に乗ってアップダウンのあるコースを走ったら、左膝に激しい痛みが出ました。それから1週間、2月23日金曜日までランオフ。その間毎日、自宅にて左足をマッサージするなどして、痛みが和らぐのを待ちました。

24日土曜日には久しぶりにジョギングを再開しましたが、左膝の痛みはなくなりませんでした。

日常生活では特に階段を降りる時に痛みがでます。また、走った後は左膝がカクンとなり、自分でコントロール出来ないような感覚になります。

暫くは走るべきではないのかなぁと思いながらも、大会当日を迎えました。

前日にジョグをして、左膝の状態を確認した上でレースプランを考えようと思いました。しかし結局、前日には決めきれず。当日の朝、駅まで3キロ程アップジョグを行い、左膝の違和感が残っていることを確認して、ようやく今日の大会は無理しない程度に走ろうと決めました。

 

ラソン大会の最寄り駅である犬山駅に到着後、会社の同僚や友人と合流し、会場である内田防災公園まで歩きます。道すがら、今日の大会のことなどランニング談義に花を咲かせているうちに、テンションが上がり、やっぱり自分も走りたい!という衝動に駆られます。

歩いて10分程で、会場に到着。

公園の向こうには犬山城が見えます。写真は撮り忘れていました。すいません。

 

f:id:tekukun:20180225194141j:image

 

今まで私が出場した中で、一番立派な大会だと思いました。陸連公認大会。今年で40回目の歴史ある大会です。参加人数も多く、更にテンションは上がります。

 

 コースです。

f:id:tekukun:20180226074138j:image

スタートから12㎞くらいまでは犬山市街を走ります。内田防災公園をスタートして南下します。6㎞地点で最初の折り返し。北上してスタート方面に戻ります。12㎞地点で左に曲がり、進路が変わります。木曽川に沿って西に向かいます。16㎞地点で2回目の折り返し。今度は木曽川沿いを東へ進み、ゴールの内田防災公園に戻ります。18㎞付近から犬山城が見えてきます。最後、犬山城に向かってゴールを目指すのが、このマラソン大会の大きな魅力の一つだと思います。

起伏はほとんどないと言ってもいいくらいです。フラットなコースで、風がなければ、記録が狙えるコースだと思います。

今回の大会はまさに、風もなく、気温も穏やかだったため、絶好のコンディションだったと思います。

  

 

シューズ円陣を組みました。

f:id:tekukun:20180225172633j:image

初めてのシューズ円陣です。益々テンションが上がります。

 

トイレの順番待ちをして陣地に戻った頃には集合時間になっていました。

 

この大会はブロック毎にスタート するということで、ブロック毎に集合場所で整列してから、順次スタート地点に向かって歩いて行きます。スタート地点までは結構長い距離を歩きます。結果として、スタート地点ではさほど待つことはありませんでした。

非常に整然とした、ストレスを感じることのない、スムーズな運営をされていると思います。

 

いよいよスタートです。

 

f:id:tekukun:20180225172817j:image

  

                                                 続きます。