西宮まで200キロを走破したい〜レース編

2017年1月からランニングを始めたオヤジのブログ。まずはフルマラソンなどのレースに参戦していきたいと思います。

モリコロパークマラソンレポ2

続きです。

 一気に最後まで走ります。

 

 

コース解説

f:id:tekukun:20180211222413j:image

モリコロパークは、愛知万博の際に整備された公園です。公園内にはサイクリングコースが整備されていて、このサイクリングコースを主に利用して1周約10.5キロのマラソンコースが設定されていました。 

そのうち、1キロ過ぎから3キロまでと6キロ過ぎから9キロまでが比較的長い距離の登り。

概ね全体で5キロ以上が登り。それ以外は下り。フラットなコースはない印象。

 

スタート時はほぼ無風。ここのところの寒さも和らいで、絶好のマラソン日和。

 

ヨーイどん。タイム計測はグロスのみ。ネットでの測定はないとの説明がありました。ガーミンもスタートと同時にスタートさせます。スタートロスはほとんどなし。10秒位でしょうか。

 

10キロ

f:id:tekukun:20180211222327j:image

自分の実力を考えると、ネガティヴスプリットでギリギリサブ3.5クリアを想定していました。

まず、1周目は様子見です。想定ペースは5:00〜5:05。抑え気味で走ろうと考えていましたが、実際はもう少し速いペースになりました。概ね4:50前後。ただ、感覚的には抑え気味で走れていたので、このペースで行こうと決めました。

 

 

f:id:tekukun:20180211231125j:image

ガーミンの画面ではアップダウンが激しそうですが、実感としては想定していたよりマシだと思いました。大高緑地公園で練習した効果だと思います。これは・・・いけそうな気がする。1周目を走った印象でそう思いました。

ただ一方で、6キロ過ぎから9キロまでの登り坂は後半、必ず大きな壁になるだろなあとも思いました。慎重に、後半まで足を残して走ろうと気を引き締めました。

 

2周目

f:id:tekukun:20180212093222j:image

足も温まり、一番気持ち良く走れていました。あー、マラソンっていいなぁ〜なんて考えながら走ってました。ただ、早くなるペースを抑えるように、後半に足を残そうと意識しながら走ります。

 

3周目

f:id:tekukun:20180212094323j:image

 

スタート時はほぼ無風で、少し暖かい位でしたが、20キロを過ぎた頃から、冷たい風が吹いてきました。風は徐々に強くなり、次第に体力が奪われていく感じがしました。

ラップも5分を溢れだしました。アップダウンがあるコースを走るのだから、登り坂でのペースダウンは想定内です。気にしない、気にしないと自分に言い聞かせながら進みます。

さあ、30キロまで来た!ここからが勝負だ!気合いが入ります。

 

4周目

f:id:tekukun:20180212095341j:image

 

しかし、30キロを過ぎた頃から急に足が重くなりました。来た!これが30キロの壁というやつか。

負けるか!と踏ん張ります。31・32キロは下り坂につき、無事にクリア。しかし、33キロから35キロ辺りは周回コース前半の登り坂。明らかにペースは落ちていましたが、歯をくいしばって登ります。37・38キロ辺りはやや下り坂。必死に走ってようやくレースペースに戻せた感じです。この辺りが一番しんどかった。瞬間ラップは5分後半まで落ちていましたが、足が重くて前に進みません。前半の貯金をしっかりと使い切りそう。やっぱり、3時間30分ギリギリの勝負だなぁ。と思いながら、何とか気持ちを切らさずにと自分に言い聞かせます。

 

そして、周回コース後半の登り坂。やはり、この登り坂が最後に大きな壁となりました。

呼吸を整えて、いざ、勝負。

 

39キロ、気持ちは登っていますが、思うように前に進みません。5分40秒台と減速。

40キロ、本当に苦しい。歯をくいしばって登りますが、更に減速して遂に6分台までペースが落ちました。記録のことが心配でしたが、ここまで来たら、最後まで走り切ることだけ考えよう。姿勢をただし、腕を振ろう!最後はこれしか考えませんでした。

ようやく坂を登り、後は下りです。3時間30分ギリギリでゴールできるか?と考える間も無く、ガーミンの計測距離41.5キロでゴール。3時間25分台。思わず、スタッフの方に「短いやん」と叫んでしまいました。

チップを外して貰ってから、広場のトラックを走り始めました。ギリギリの勝負をしていたからこそ、42.195キロ走り切って、サブ3.5達成しましたと言いたかったんです。

冷静になって考えると、ゴールゲートを通過したのだから、この時点のタイムでいいですよね。今、思うと何だか気恥ずかしくなります。

こうして私の初マラソンは終わりました。

今、自分が持っているものは全部、出し切ることが出来たと思います!