西宮まで200キロを走破したい〜レース編

2017年1月からランニングを始めたオヤジのブログ。まずはフルマラソンなどのレースに参戦していきたいと思います。

疲労抜きジョグを考える

tekuです。

昨日、月曜の晩も疲労抜きジョグをしました。

今週は40キロの疲労抜きジョグが目標です。一昨日の日曜には、20キロ程疲労抜きジョグを行ったので、本番までの調整をスタートして3週目にして、初めて疲労抜きジョグの課題をクリア出来そうです。

f:id:tekukun:20180129215115j:image

 

1週目の80キロや2週目の60キロのジョグはやる前からその距離に圧倒されたこともありますが、出来なかった要因は他にもあります。

 

(1)土日の休みをフルに活用出来なかった。

特に、1週目は風邪をひいて土曜日を休足日とし、日曜日にポイント練習を実施しました。このため、疲労抜きジョグに当てるのが、平日だけになってしまいました。

 

 

(2)仕事との調整が難しい時期だった。

これは、仕事をしている以上は避けらないこと。特に多忙な時期と重なってしまったので、止むを得ないです。

 

(3)寒さに勝てなかった

基本的に朝活を行っています。朝、4時過ぎに起きて4時半頃スタートします。

しかし、ここ2週間程は急に寒くなり、元々寒いのが苦手な私は、幾日か二度寝をしてしまいました。

 

これらが、課題をクリア出来なかった主な要因だと思います。

 

一方、何とか課題をクリアしようとして、自分なりに工夫したり、トライしたこともありました。

 

(1)通勤を疲労抜きジョグに当てる

駅までの片道3.5キロ、往復7キロをジョグしました。靴をどうしようか悩んだ挙句、ビジネスシューズに近いウォーキングシューズを購入。この靴でジョグしてみました。

結果、余りシックリ来ませんでした。重いし、クッションないしで、疲労が抜けるような感覚にはなりませんでした。

通勤ランは今後も行いたいですが、靴についてはもう少し、工夫が必要だと思っています。

 

(2)早く帰れた日に帰宅後ジョグをする。

まぁ、普通の発想ですよね。

ただ、普段、朝活を やっていると、朝活が出来なくても、まだ、夜に走るチャンスがあるという当たり前のことに気づきました。

一方で、朝走ってみたり、夜走ってみたりすると、当然ながら生活のリズムが乱れます。

これも当たり前のことですが、今回改めて気づいたことです。

 

(3)エスカレーターを使わない。階段を使う

 これ、ジョグの距離課題をクリアすることにはなりませんが、疲労抜きのために身体を動かしながらほぐすという趣旨には合致するよね。って勝手な解釈で採用しました。

 

(4)平日には無用なポイント練習をしない

(5)休足日が増えた

怪我なく、本番に向けた調整を行なうことが最大の目的です。毎週末に40キロ走、30キロ走などの練習を行っていますので、平日は疲労抜きジョグが出来なくても、休足日にしてしまおうぐらいの気持ちになり、疲労回復を最優先と考えることが出来ました。

 

以上、Take式調整法に基づいた調整を進め、残り2週間を切りました。環境の変化など予期せぬこともあった中、まずまず、順調な調整が出来ているような気がします。残り10日余りですが、怪我なく、病気なく、本番を迎えたいです。